仏壇の出来るまでの流れ

仏壇はこのように各工程を経て出来上がります

仏壇は下記のように各工程を経て出来上がります。 この各工程それぞれにおいて、素材、技、センスなどとことんこだわったのが、最高級仏壇。それはまさに、『総合芸術品』ともいえます。

木地(きじ)

①木地(きじ)

厳選された木材で仏壇の本体を作ります。

②屋根(やね)

細かい部分を手仕事で作り、各々組立式に屋根を作ります。

③木彫刻(もくちょうこく)

図柄を選定し、桧、松などの木材に、ノミ、小刀などで手彫りします。

漆塗(うるしぬり)

④漆塗(うりしぬり)

型作られた木地の上に下地加工したのち、天然精製うるしを手塗りします。

⑤蝋色(ろいろ)

うるし塗の表面を平らに研ぎ磨いて光沢を出すなど仕上げ加工をします。

⑥純金箔押(じゅんきんぱくおし)

天然精製箔押うるしに純金箔を一枚ずつ張り、またはその上に金箔を施します。

飾金具(かざりかなぐ)

⑦木地(きじ)

銅、その他の地金に手加工にて金彫をしたのち、仕上げをし、純金加工などを施します。

⑧屋根(やね)

蝋色加工した上に漆などで下絵を描き、その上に金粉、銀粉、貝などを蒔き、さらに加筆または研出します。

⑨木彫刻(もくちょうこく)

金粉、顔料、絵具などにて金箔の上に加工し、または直接下地造りの上に加工します。

総合組立(そうごう組立)

⑩飾金具(かざりかなぐ)

各工程の完了したものを一ヶ所に集め、最終組立をします。

⑪蒔絵(まきえ)

白檀、松、桧、桜、楠などの素材にて定められた技法により彫刻します。

⑫彩色(さいしき)

銅、または銅合金にて金属仏具を鋳造または打出し加工します。