ホーム>加茂定ブログ>仏具>その他
仏壇仏具・京仏壇 | 加茂定 【京の老舗】表彰 最高級仏壇
京仏壇 加茂定
0120-088-375 075-351-0128
  • ホーム
  • 加茂定の最高級仏壇
  • 加茂定とは
  • 加茂定の仏壇
  • 会社概要
  • お問い合わせ

その他

お仏壇内部を明るくライティング!~ビューティフル&シャイニングに!~

みなさま、おはようございます。6代目です。

加茂定ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

 

 

2019年度限定!? 怒涛のGW10連休が終わりましたね。

この10連休の期間で、印象に残りました出来事を本日はブログにいたします。

 

 

 

お客様から、「お仏壇の内部をもっと明るくしたい」というご要望をいただきました。

お客様のお仏壇は、コンパクトタイプの家具調(モダン)仏壇です。

 

 

 

家具調仏壇には、あらかじめ天井にライト装置が付いているものがトレンドです。

お客様がお持ちのお仏壇にも、LEDのライト装置が付いております。

 

 

 

「ライト装置が内蔵されて明るいと思いますが、どうしてまだライトが必要なのですか?」

 

 

 

とお聞きしましたところ、

 

 

 

「日中は気にならないのですが、夜になると暗く感じるので、ご先祖様には明るい所に居てほしいので」

ということでした。

 

 

 

「ご先祖様のために!」

これは是が非でもお力にならなければならないと思い、ご提案をして参りました。

ライティング正面_その1.jpg

<消灯 正面から撮影>

ライティング見上げる_その1.jpg

<消灯 正面下から撮影>

消灯状態の写真です。

日中の明るい時に訪問しましたので、太陽の陽が差し込んで見にくくてすみません。

ライティング正面_その2.jpg

<内臓ライト装置点灯 正面から撮影>

ライティング見上げる_その2.jpg

<内臓ライト装置点灯 正面下から撮影>

内蔵ライト装置をオンにしますと明るくなりました。

太陽の陽に負けないぐらいLEDのライトが煌々と明るいですね^^

 

 

 

さて、ここからまだ明るくする訳ですが、もうお気づきの方もおられますよね(笑)

シルバーの物体が最初の写真から置いてあります(笑笑)

今回はこのスタンド式ライトをご提案いたしました。

幕板.jpg

上の写真をご覧ください。

幕板(「まくいた」と読みます)と呼ばれる部分の裏側にライト装置を新たに追加することも可能ですが、電源を取るためのコードが必要なため、お仏壇に穴を開けなければなりません。

 

 

 

お客様も「お仏壇に穴を開けるのはちょっと。。。」ということでしたので、

前述のとおりスタンド式ライトを配置させていただきました。

 

 

 

また、今回スタンド式ライトを採用するにあたり大きな後押しとなりましたのが、

お仏壇の中はお位牌だけお祀りされて、お仏具を置かれてないのがポイントでした。

もし、お仏具を置かれていましたら、スタンド式ライトを置く場所を確保できませんので。

 

 

 

では、スタンド式ライトを点灯してみましょう!

ライティング正面_その3.jpg

<スタンド式ライトも点灯 正面から撮影>

ライティング見上げる_その3.jpg

<スタンド式ライトも点灯 正面下から撮影>

ライティング正面_その2.jpgのサムネイル画像

ライティング正面_その3.jpgのサムネイル画像

<上:内臓ライト装置点灯  下:スタンド式ライトも点灯 正面から撮影比較写真>

ライティング見上げる_その2.jpgのサムネイル画像

ライティング見上げる_その3.jpgのサムネイル画像

<上:内臓ライト装置点灯  下:スタンド式ライトも点灯 正面下から撮影比較写真>

いかがでしょうか?

お仏壇の内部がさらに明るくなりました!

お位牌はもちろんのこと、背中側の木目もくっきり見えるほどに明るくなりました!!

 

 

 

とは言うものの、太陽光でそんなに違いが分からないです~~

というお声もありそうですので、

お客様と同じライトブラウンのお仏壇を使って比較撮影してみました。

弊社ライティング_その1.JPG

<消灯>

弊社ライティング_その2.JPG

<内臓ライト点灯>

弊社ライティング_その3.JPG

弊社ライティング_その4.JPG

<スタンド式ライトも点灯>

スタンド式ライトが残り1つだけでしたので、2つよりは明るさが落ちてしまいます。

しかし、1つだけのライティングでも十分にその明るさを実感していただけると思います。

フォトスタジオ.jpg

PexelsによるPixabayからの画像 

写真撮影の時って必ずライトが使われますよね。

家族写真やお子様の七五三写真をフォトスタジオで撮影された方ならイメージしやすいと思います^^

写真撮影でのライティングは、被写体を美しく輝かせる効果があるそうです。

今回の場合で言いますと、ご先祖様のお位牌が後光が差しているがごとく、まばゆく見えますよね。

お仏像をライティングしましたら、神々しく見えそうですね^^

 

 

 

お客様にはとても喜んでいただけました。

そして、ご先祖様にもお喜びいただけていると勝手に推察しております^^

 

 

 

それでは、商品のご紹介です。

スタンド式ライト_その1.JPG

ライト部分は左右、上下に動かすことが可能です。

ですので、照らしたい部分にピンポイントライティングが可能です!

赤い部分がスイッチボタンです。

スタンド式ライト_その2.JPG

単4乾電池3本で点灯します。

台の直径7㎝ 全長(ライトを折りたたんだ状態)8㎝で、とってもミニサイズです。

スタンド式ライト_その3.JPG

本体は小さいミニミニですが、LEDライトはとっても明るいです!!

お仏像やお位牌を眩く見せたい!

あるいはお仏壇の中を明るくしたいという方には、お薦めのアイテムです。

仏具をたくさん置かれている方には、配線付きのライト装置もございます。

その際は配線用の穴を開けることになりますので、ご承知おきくださいませ。

 

 

 

「我が家もライティングしてみようかしら?」とお考えのようでしたらば、お問い合わせいただければと思います。

【お問い合わせ先】

ホームページからのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

直通メールアドレス 0883@d2.dion.ne.jp からもお問い合わせいただけます。

※返信にお時間がかかる場合もございます。

 

 

 

さて、私は休みなしのGWでしたが、みなさまはお休みを満喫されましたでしょうか?

6月に入れば、私は大型か小型の休みを取ろうと画策中です(笑)

10連休明けの皆様は、仕事モードに戻すのに大変かと思いますが頑張ってくださいね^^

私と同じようにGWも働いていた方は、早くお休みが取れると良いですね^^

 

 

 

さあ、本格的に令和時代の幕開けです!

みなさまにとって、良き時代となりますことをご祈念申し上げます。

そして加茂定仏壇店をどうぞよろしくお願い致します。

合掌

#京都 #kyoto #京仏壇 #京仏具 #仏壇 #仏具 #寺院用具 #加茂定

#ライト #仏壇 内部 ライト #LEDライト #LED #スタンド式ライト

#ライティングのご提案

お仏壇が横ズレしないための予防法 ~インフルエンザ予防接種もお忘れなく^^~

みなさま、おはようございます。6代目です。

 

 

 

先日、地震等による揺れで、お仏壇の横ズレを防ぐ方法についてお問い合わせをいただきました。

 

 

 

お客様のお仏壇は上と下に分かれる、セパレートタイプのお仏壇をお祀りされております。

セパレートタイプのお仏壇とは、上と下に分かれるお仏壇のことで「台付仏壇」と呼んだりします。

 

 

 

下の写真をご覧ください。

台付仏壇(全体).jpg

「台付仏壇」とは、ご本尊やお位牌などお仏具のほとんどが置かれる上台と、

その上台を載せるための下台の2つに分かれるお仏壇の事を言います。

台付仏壇(上台と下台).jpg

左:下台 右:上台

この下台は収納として使われることが多いです。

 

 

 

そして、この上台と下台が横ズレを起こさないように細長い板をはめ込みます。

細長い板は「地震対策用耐震棒」や「ダボ」と呼ばれます。

台付仏壇(ダボの溝).jpg

下台の上場を撮影したものですが、手前の白い部分が溝になっております。

上台の裏側にも同様の溝があります。

台付仏壇(ダボ).JPG

上台と下台のそれぞれの溝に合わさるように板を差し込み固定します。

 

 

 

昨今の台付仏壇は、この仕様がスタンダードで付いていることが多いです。

 

 

 

しかし、これだけでは心配ということで、ご相談をいただきました。

下の写真はお客様がお祀りされているお仏壇の下台の上場です。

フェルト貼る前.JPG

今回ご用意しましたのは、お仏壇が横ズレしにくい布シールを貼りました。

布シールと書きましたが、フェルトを粗くした感触があります。

この粗くした目が摩擦を起こし、上台がズレにくくなります。

フェルトを貼る(上場全面).JPG

この布ですが、裏側がシールになっていますので、時間をかけずに簡単に貼り付けることができます。

布シールの厚みが薄いので、上台と下台の境目で目立つこともありません。

ですので、見た目を損なうこともございません。

フェルト貼り奥側.JPG

四方を囲むように布シールをカットして、テンポよく貼り付けていきます。

10分もかからずに終了です!

フェルトを貼る(手前).JPG

地震対策用耐震棒をはめ込まない状態で下台に上台を置き、お客様にお仏壇を揺すっていただきました。

滑りにくいことをご確認していただくと共に、実際に触れていただくことでご体感いただけました。

フェルトを貼る(正面手前).JPG

地震対策用耐震棒を差し込み、さらに布シールを貼り付けることで、上台と下台がよりズレにくくなりました。

 

 

 

現在お祀りされているお仏壇で、横ズレのご不安、あるいは横ズレ防止対策をお考えのようでしたらば、後回しにされるのではなく、お気付きの時点で取り組まれることをお奨めいたします。

※地震対策用耐震棒、布シールは横ズレ防止の予防方法であり、必ず横ズレを起こさない物ではございません。

 

 

 

「我が家も検討してみようかしら?」とお考えのようでしたらば、お問い合わせいただければと思います。

【お問い合わせ先】

ホームページからのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

直通メールアドレス 0883@d2.dion.ne.jp からもお問い合わせいただけます。

※返信にお時間がかかる場合もございます。

 

 

 

インフルエンザが流行っておりますね。

私は先週、インフルエンザの予防接種を受けてきました。

幾つになっても、注射の針が刺さる瞬間は怖いですね(笑)

 

 

 

本当は去年の暮れに行きたかったのですが、時間がなくて断念。。。crying

来月から出張が続きますので、不安を解消しておくために事前対策してきました。

 

 

 

インフルエンザにかかりますと、1週間は人と面会することを禁止されます。

以前、私はインフルエンザにかかり痛い目をみましたので、

それからは毎年インフルエンザの予防接種を受けています。

 

 

 

「なってからでは遅い」

 

 

 

などと人からアドバイスをいただくことがございますが、

あとあと後悔しないためにも、お時間あります方は予防接種に行ってくださいね!

今回のブログ内容と似通ったところがありますね。

 

 

 

最後にインフルエンザを話題にいたしましたが、

寒さ厳しい毎日ですので、お身体にお気をつけください。

そして、今日も良き一日となりますことをご祈念申し上げます。

合掌

#京都 #kyoto #京仏壇 #京仏具 #仏壇 #仏具 #寺院用具 #加茂定

#地震対策用耐震棒 #横ズレ防止 #横ズレ防止対策 #お仏壇の横ズレ

#台付仏壇