ホーム>加茂定ブログ>仏壇>大きいお仏壇から小さいお仏壇へ その2 ~次世代想う親心~
仏壇仏具・京仏壇 | 加茂定 【京の老舗】表彰 最高級仏壇
京仏壇 加茂定
0120-088-375 075-351-0128
  • ホーム
  • 加茂定の最高級仏壇
  • 加茂定とは
  • 加茂定の仏壇
  • 会社概要
  • お問い合わせ
仏壇

大きいお仏壇から小さいお仏壇へ その2 ~次世代想う親心~

みなさま、おはようございます。6代目です。

 

 

 

これまでは大きいお仏壇をお持ちでしたが、

お住まいが変わることに伴いお仏壇の買い替えをご検討されていますお客様にお越しいただきました。

 

 

 

今回のお客様ですが、実は3年前に弊社でお仏壇の修理をご下命いただいていました。

修理してからの3年ということは、まだまだ新品のはずです。

新しいお仏壇を納品しました後日に、古いお仏壇を引き取りにお伺いいたしましたが、とても綺麗でした!

京都西川様仏壇納品_その1.JPG

「古いお仏壇」と言うよりは、「売り物のお仏壇ですか?」と見間違えるほどでしたcoldsweats01

とても大事にお使いいただいていたんだなぁと思う状態で、

修理をさせていただいた弊社としましては嬉しくも思えました!

 

 

 

タイトルの副題にも書いておりますが、

ご子息様に今後お仏壇をバトンタッチすることも考えておられました。

納品した時にお客様から教えていただいたことですが、

これから先の長い人生を過ごされるご子息様にご負担を与えたくないというお気持ち故の買い替えだったそうです。

 

 

 

ここで言う「ご負担」という意味ですが、

今後もしかすれば環境も変わり、大きいお仏壇を持っているよりは、

小さいお仏壇の方がなにかと身動きしやすいのかなぁと推察します。

深くはお聞きしませんでしたが、他のお客様でもこのような考えをお持ちの方がおられますので。

こちらのブログでもご紹介しましたが、同じようなお考えでしたね。

大きいお仏壇から小さいお仏壇へ ~でも、お仏像はそのまま使いたい!~

 

 

 

お仏壇に長く手を合わせていただくのはお客様です。

ですので、お仏壇の大きい小さいに関わらず、お客様が末永くお使いいただけるお仏壇を見つけていただければと思うばかりです。

弊社はそのお手伝いを惜しみなくさせていただきます。

 

 

 

では、ご子息様を想い、お選びになられましたお仏壇のご紹介です。

京都西川様納品_その2.JPG

伝統的工芸品 「本紫檀絹唐草厨子仏壇」です。

前回ブログでご紹介しました伝統的工芸品 「隅切本紫檀厨子仏壇」と同じデザイナーと伝統工芸士作のお仏壇です。

 

 

 

「このお仏壇見たことあるなぁ~~~」って思われた方おられませんか???

そうです!

伝統的工芸品展WAZA2019 ~暮らしに寄り添う、ニッポンの美~ 本日から開催です

こちらのブログでご紹介しましたお仏壇です。

このお仏壇の詳細に付きましては、上記のブログでご確認ください。

京都西川様納品_その3.JPG

外側の扉に唐草柄の入った白いシルクと紫檀のお色目とのコントラストがとても美しいですね^^

京都西川様納品_その4.JPG

<お仏壇内部 照明なし>

京都西川様納品_その5.JPG

<お仏壇内部 照明あり>

お仏壇の背面には、扉と同じ唐草柄のシルクをアクリル板に挟み込んだ特殊なパネルを使用しています。

照明を当てますと、シルクに光が当たりお仏壇内部が厳かな雰囲気になります。

と言いたいところですが、陽が差しこむ明るいお部屋に納品しましたので、少し雰囲気が伝わらないでしょうか。。。

京都西川様納品_その6.JPG

本当はこんな感じになります!

どうでしょうか?厳かな雰囲気でてるでしょ??^^

 

 

 

写真撮り忘れましたが、

経済産業大臣指定伝統的工芸品のシンボルマークの入ったシールが貼ってあります。

説得力ありませんが、これこそが京都で作られた京仏壇、京仏具の証です!

ちゃんと貼ってあるんだから。。。

 

 

 

商品名:伝統的工芸品仏壇「本紫檀絹唐草厨子仏壇

素 材:台輪 本紫檀厚板貼り 大戸軸 本紫檀厚板貼り 戸板 本紫檀無垢板

主芯材:天然木材

塗 り:本漆摺り上げ仕上げ

原産国:京都

サイズ:高さ47cm 幅44cm 奥行35cm 

備 考:壁面はアクリル板に正絹絹唐草

特 典:伝統工芸品証紙シール付

 

 

 

同じような境遇でお悩みを持たれているようでしたらば、一度お問い合わせくださいませ。

些細なことでもかまいませんので何なりとお問い合わせください。

【お問い合わせ先】

ホームページからのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

直通メールアドレス 0883@d2.dion.ne.jp からもご利用いただけます。

※返信にお時間がかかる場合もございます。

 

 

 

この度もお客様のご要望を叶えることができ、とても嬉しく思います。

この度のご縁、誠にありがとうございました。

 

<以下、関連ブログ>

大きいお仏壇から小さいお仏壇へ ~でも、お仏像はそのまま使いたい!~

大きいお仏壇から小さいお仏壇へ その3 ~自分でお仏壇を運びたい!~

大きいお仏壇から小さいお仏壇へ その4-1 ~東本願寺で掛軸をいただきたい!~

大きいお仏壇から小さいお仏壇へ その4-2 ~東本願寺で掛軸をいただきたい!~

大きいお仏壇から小さいお仏壇へ その5 ~実家から自宅へ・東本願寺授与掛軸~

大きいお仏壇から小さいお仏壇へ その6 ~ご本尊様とお位牌は残したい!~

 

 

 

新元号「令和」に決まりましたね^^

新しい時代の幕開けにウキウキしますが、まだ「平成」なんですよね!

この4月で「平成」が終わりますが、残り1ヶ月を悔いなく送りたいと思います。

そして、新時代を気持ちよく迎えることが出来ればと思います。

みなさまにおかれましても、良きお時間をお過ごしくださいませ^^

合掌

#京都 #kyoto #京仏壇 #京仏具 #仏壇 #仏具 #寺院用具 #加茂定

#ほんまもん #上置き仏壇 #上置き #伝統型 #クラシックタイプ

#浄土真宗 #東本願寺 #大谷派

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.kamosada.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/65