ホーム>加茂定ブログ>2018年12月
仏壇仏具・京仏壇 | 加茂定 【京の老舗】表彰 最高級仏壇
京仏壇 加茂定
0120-088-375 075-351-0128
  • ホーム
  • 加茂定の最高級仏壇
  • 加茂定とは
  • 加茂定の仏壇
  • 会社概要
  • お問い合わせ

2018年12月

2018年の御礼 ~来年もよろしくお願いいたします~

みなさま、おはようございます。6代目です。

 

 

 

2018年が今日でいよいよ終わります。

みなさまは今年のうちにやり残したことなどございませんか?

私は、すべてやり切りましたので、悔いなく新年を迎えられそうです。

 

 

 

今年の8月からブログをスタートしましたが、ひとまず途切れることなく書き続けることができました。

第1回目のブログで「対話」「会話」「コミュニケーション」を通してお客様と向き合っていきたいと書きました。

この5ヶ月の間に本当にたくさんのお客様とその機会をいただけました。

ひとつひとつの機会をすべてブログに書くことはできませんでしたが、私にとってとても大切な時間を送ることができました

 

 

 

今年、全国各地の百貨店でもたくさんの方々とお話しさせていただきました。

2019年も出展させていただきますので、これまでと変わりなくよろしくお願いいたします。 

 

 

 

そして「ブログを見てるよ~~♪」っとお声を掛けてくださるお客様もおられ、

ブログを書き始めた私にとってモチベーションが上がる心温まる応援となりました。

たくさんの方々との出会いに感謝の気持ちで一杯です。

この場をお借りしまして厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

 

 

 

また、今年結婚できまして、その報告をこのブログで発表させていただきました。

お祝いのお言葉やプレゼントをたくさんいただき、本当に嬉しかったです。

 

 

 

奥さんには家事をはじめ、お寺で行われる行事に一緒にお手伝いに行ってくれたりして、

店のことにとても協力をしてくれます。

良い人と縁を結べて、嬉しい限りです。

 

 

 

今年のクリスマスは忙しい中、可愛いケーキも作ってくれました!

料理がとても上手な人なので、毎日晩御飯が楽しみです♪

これからも美味しいご飯をよろしくね^^

クリスマスケーキ2018.JPG

一緒に暮らし始めて間もないですが、お互いが今の生活にもっと慣れてきましたら、

2人で一緒に仕事をする機会を増やせればなぁと思います。

家庭を持ってまだまだ日が浅い2人ですので、今後ともご指導ご鞭撻のほどお願いいたします。

 

 

 

探しに探しまくって、ようやく指輪が出来てきました。

指輪.JPG

来年は式を挙げられるように準備したいなぁと思いますhappy01

 

 

 

さて、来年は亥年ですね。

 

 

 

私の来年の目標は、

お客様のご要望を叶える接客を亥の一番に心がけ、「素直な心」で向き合いたいと思います。

引き続き「対話」「会話」「コミュニケーション」を大事にして、お客様のために猪突猛進で取り組みたいと思います。

 

 

 

これまで何度もお話しておりますが、些細なことでもお気付きの点やご不明な点などございましたら、何なりとお問い合わせいただけましたら幸いです。

【お問い合わせ先】

ホームページからのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

直通メールアドレス 0883@d2.dion.ne.jp からもお問い合わせいただけます。

※返信にお時間がかかる場合もございます。

 

 

 

 

そして、皆様のお役に立てるような情報をわかりやすく発信し、長続きするブログにしていきたいと思います。

2019年も加茂定仏壇店をよろしくお願いいたします。

このブログも引き続きご愛顧お願い申し上げます。

今年1年本当にありがとうございました。

 

 

 

平成最後の大晦日です!

みなさまにとって素敵な年越しでありますように。

そして2019年が素晴らしい1年になりますことをご祈念申し上げます。

 

 

 

【2018年度 ブログアクセス上位ランキング】

第1位 テレビ局がロケ撮影にこられました!!

第2位 仏前結婚式

第3位 暑気払い♪

 

 

 

プライベートブログが多いですね(笑)

来年は仕事のブログがランクインしますように♪

合掌

#京都 #kyoto #京仏壇 #京仏具 #仏壇 #仏具 #寺院用具 #加茂定

仏間用すだれを使って見た目を綺麗にエレガントに!

みなさま、おはようございます。6代目です。

 

 

 

昨日、仏間用すだれを納めてきました。

すだれ掛ける前(全体).jpg

お客様からのご要望でお仏壇の上から鴨居の間に隙間があり、

裏側が見えないように見た目をスッキリしてほしいというご依頼をいただきました。

すだれを掛ける前(コ-ド見えてる).JPG

現場を見させていただきましたが、お仏壇用の照明配線が丸見えになっていました。

すだれを掛ける前(天井).JPG

また、お仏壇の前に座り見上げますと仏間の天井が見えていました。

 

 

 

毎日、お仏壇に手を合わせておられ、配線や天井を目隠しできないかずっと悩まれていたそうです。

そしてこの部分をスッキリ綺麗にして、ご先祖様に気持ち良く新年をお迎えしていただきたい!!!

というお客様からのご依頼内容でした。

 

 

 

定番の方法ではございますが、仏間用すだれを掛けていただきますと、お客様のお悩みは解消できます。

仏間用すだれは、隙間隠しとして使われるだけでなく、

仏間を格調高くエレガントにプロデュース出来ますので、この度のお客様のニーズにお応えできる最善の方法となります。

 

 

 

早速に仏間の寸法を採りまして、お客様の仏間に合うようにオーダーメイドでお仕立てします。

お客様のご要望を叶えるために、なんとか年内に完成するように職人さんにお願いしました。

年末ということもあり、職人さんはとても多忙にされていましたが、特急仕上げでご準備していただきました。

すだれ掛けた後(全体).jpg

完成後ですが、配線が見事に目隠しされています。

すだれ掛けた後(近く).JPG

お仏壇の前に座り、見上げていただいても天井が見えることもなくなりました。

仏間用すだれを掛ける場合、綺麗な見栄えになるポイントはお仏壇の上部分にすだれが少し掛かるぐらいで取り付けることです。

なぜ、少し掛かるぐらいにするかと言いますと、

すだれの長さをお仏壇の上部にキッチリと合わせますと、座りながら見上げた場合、若干隙間が出来てしまい天井が見えてしまうからです。

ですので、お仏壇の上部分にすだれが少し掛かるぐらいが隙間を作ることなく見栄えよくなります。

 

 

 

こちらの仏間用すだれですが、仏間の雰囲気を壊さないように縁をライトブラウン色にしました。

房は、色目がダークブラウンの物を使用しております。

真竹のみずみずしい色目とブラウン系色目の縁と房がマッチングしており、調和のとれた仕上がりとなっています。

 

 

 

各ご家庭によって仏間のサイズが異なりますし、ご安置されるお仏壇の大きさも異なります。

弊社では、仏間の採寸を行い、お仏壇の大きさに合わせて、すべてオーダーメイドでお仕立ていたします。

今回ご紹介しました仏間とは異なる方も居られると思います。

「我が家の仏間も配線や天井が見えているので、見た目を綺麗にしたいなぁ」

とお考えの方が居られましたら、現場にお伺いすることも可能です。

各ご家庭様のお仏間とお仏壇に合わせてお作りいたしますので、何なりとご要望をお聞かせください。

下見出張費はいただきませんので、ご遠慮なくお問い合わせいただけましたら幸いです。

※遠方のお客様はご相談させてください。

【お問い合わせ先】

ホームページからのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

直通メールアドレス 0883@d2.dion.ne.jp からもお問い合わせいただけます。

※返信にお時間がかかる場合もございます。  

 

 

 

お客様はお仏壇をお迎えになられてから、配線や天井が見えることをずっと気にされていたようです。

しかし完成を見ていただきまして、「ご先祖様も大変喜んでくださる。」と仰っていただきました。

また、お客様ご自身も、「これから気持ち良くお仏壇に手を合わせられる。」と喜んでいただけました。

間もなく新しい年に変わりますが、ご先祖様とお客様に気持ち良く新年をお迎えしていただけそうです。

 

 

 

お客様のご要望を叶えることが出来ましたことを心から嬉しく思います。

この度は、弊社とご縁をいただき誠にありがとうございました。

 

 

 

関連記事もよろしければ下記よりご覧になってくださいませ。

仏間用すだれを使って見た目を綺麗にエレガントに! その2 ~引越しを機に~

 

 

 

さて、12月23日に神戸のお寺に行ってきました。

蓮久寺別院法要風景.jpg

関西テレビで夏に放映されている「怪談グランプリ」で優勝され、怪談和尚で知られる三木大雲上人の法話を聞きにいってきました。

大変ありがたいお話しを聞かせていただき、法話の最後には怪談も聞かせていただきました。

怖いお話しではありますが、必ず仏教の教えにつながるお話しですので、毎回ウンウンと聞き入ってしまいます。

ライブで拝見させていただき、心温まる時間を過ごせました。

蓮久寺別院ご祈祷.jpg

そして、今月2度目となるご祈祷もしていただき、2018年を無事に終えられそうです!

 

 

 

とてつもない寒波が来ています。

公共交通機関や自家用車でお出掛けされる方は、 お気をつけてお出掛けくださいませ。

今年の最後にお風邪を引かれませんように暖かくしてお過ごしください。

 

 

 

<加茂定仏壇店 年末営業時間のお知らせ>

12月31日 午後18時まで営業しております。

年始は1月4日より、営業を開始します。

 

 

 

合掌

#京都 #kyoto #京仏壇 #京仏具 #仏壇 #仏具 #寺院用具 #加茂定

#仏間用すだれ #仏間をエレガントに #仏間を格調高く

# 三木大雲 #怪談和尚

落慶法要に参列してきました。

みなさま、おはようございます。6代目です。

 

 

 

先日、お寺の落慶法要に参列してきました。

落慶法要 「らっけいほうよう」と読みます。

      ご寺院で建物の新築、再建、修繕の完成を祝う法要のことです。

 

 

 

京都市左京区にあります「松ヶ崎の大黒さん」の愛称で多くの方々から親しまれておられます「妙円寺」様に行ってきました。

五山の送り火で「法」のお山があるお寺でも有名です。

 

 

 

境内にあります「絵馬堂」の基礎工事を無事に終えられて、落慶法要を営まれました。

建物自体は大正時代に建てられたそうで、約100年に渡ってご参拝の皆様を見守り続けてこられた建物です。

ご参拝に行かれました方はご存知の方も居られるかと思いますが、この「絵馬堂」ではおそばを食べる機会もございます。

松ヶ崎堂内法要その1.JPGのサムネイル画像

午後から法要が執り行われまして、たくさんのお檀家様や関係者が参列されていました。

本堂では基礎工事完了のご報告を仏様にされていました。

節目を大事にされるのは、ホントに素敵です。

松ヶ崎木剣.JPG

また、参列されました皆様のご多幸もご一緒にご祈祷いただきました。

私もご祈祷いただけました!ありがとうございます。

※ご住職様から寺名とお顔出し写真掲載のお許しをいただいています。 

松ヶ崎絵馬堂その3.JPG

本堂での法要終了後は「絵馬堂」前で、再度法要をあげられました。

上でも書きましたが、私も何度かこの絵馬堂でおそばをいただいたことがあります。

憩いの場にもなっている所が綺麗に、そして力強い土台が完成したことで、この先も多くの人々の憩いの場となり見守り続けて下さることと思います。

この日を迎えるに至り大変ご苦労されたとお話がありました。

本当におめでとうございました。

 

 

 

法要終了後に以前から考えていたことを実行に移せました!

松ヶ崎絵馬(表).JPG

「打出の小槌」の形をしたとってもキュートな絵馬があります。

カ、カワイイ!!!そして珍しい!!!

いつ書こうかず~~~~っと考えていたのですが、「今日しかない!!!(笑)」と思い、

念願叶ってようやく私も絵馬を奉納できました。

松ヶ崎絵馬(裏).jpg

受付で販売されてまして、その場で書いて、絵馬堂の左手にある絵馬掛けに自分で掛けに行きます。

お願い事はシークレット(笑)です。

 

 

 

また、年に6回(2ヶ月に1度)、甲子(「きのえね」と読みます)大祭がこちらのお寺で行われます。

受付の右隣に大黒堂があり、真っ暗な中でご祈祷をあげていただけます。

ろうそくの炎とわずかな仏具の照明だけですので、なんとも神秘的な空間です。

何度か私も行っておりますが、大黒天様に「頑張りなさい」ってお声をかけていただいてる気がします。

 

 

 

大黒堂の前には「なで大黒」さんがお迎えしてくれます。

なで大黒.JPG

体の悪いところをナデナデすると良いそうです。

私はお腹がヘッコミますように、お腹をいつもナデナデします(笑)

 

 

 

見所いっぱいのお寺です。

お寺の情報をお知りになりたい方はお寺のホームページをご覧くださいませ。

妙円寺ホームページ

 

 

 

以前にも何度かこのブログを通して「節目」は大事ですとお話しさせていただいております。

今まで手を合わせていた対象、あるいはこれから手を合わせる対象に、

穏やかな気持ちで手を合わせるためにも法要という節目は必要なことだと思います。

そして今回はお寺様の建物修繕の節目で、法要が執り行われました。

 

 

 

「法要ってしなければいけないんですか?」

やはりよく質問をいただきます。

 

 

 

物事をシンプルに進めたいと思うことは、誰しもがそうお考えになることかと思います。

しかし、節目を大事にすることで、日々気持ちよく手を合わせられる日常を過ごしていただけると思います。

節目をお考えの方が居られましたら、お付き合いされていますお寺様にご相談されるのも良いかと思います。

 

 

 

各ご家庭では頻繁に行うことでもありませんので、段取りの方法などご不明なことが多々あると思います。

お寺様とお付き合いの無い方は、弊社にご相談いただけたらと思います。

そのような際には些細なことでも構いませんので、お問い合わせください。

【お問い合わせ先】

ホームページからのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

直通メールアドレス 0883@d2.dion.ne.jp からもお問い合わせいただけます。

※返信にお時間がかかる場合もございます。 

 

 

 

さて、久しぶりにお休みをいただきました。

年齢のせいもあり???最近身体が疲れていましたので、糖分補給に行ってきました!

「なで大黒」さんに怒られそうですが。。。(汗)

辻利兵衛店内.JPG

宇治にあるお店ですが、平日ということもあり待ち時間も無くお店に入れました!

奥さんと初めてデートしたお店です(笑)

今回はお庭が見える席に座れてラッキーでした^^

抹茶パフェ.JPG

季節限定品を食べたかったのですが、奥さんに譲りました(笑)

アッという間に完食してしまいましたが、ホントに美味しいです。

美味です!!!

私は案外甘党なんです(笑)

並ばなくて済むのもポイント高いです。

 

 

 

夜には城陽で現在開催されています「光のページェント TWINKLE JOYO 2018」を見てきました。

金閣寺イルミ.JPG

平等院イルミ.JPG

金閣寺や平等院を模してイルミネーションされてました。

その外にも色々なイルミネーションがされています。

敷地も大変広く、約70万球使われてるイルミネーションはとても綺麗です。

私達は点灯の瞬間に立ち会えましたので、暗闇から一気に光の世界に変わります。

本日25日まで開催されてますので、ご家族やお友達と行かれてみてはいかがでしょうか?

デートにはもってこいの場所ですよ^^

 

 

 

食べて見ての大満足のお休みになりました。

今日はクリスマスですね。

笑顔でお過ごしいただき、平成最後のクリスマスをお楽しみください。

合掌

#京都 #kyoto #京仏壇 #京仏具 #仏壇 #仏具 #寺院用具 #加茂定

#松ヶ崎妙円寺 #松ヶ崎の大黒さん #落慶法要 #打出の小槌 #小槌絵馬

#打出の小槌絵馬

火元がご心配な方へ ~介護施設へのお仏壇納品~ その2

みなさま、おはようございます。6代目です。

 

 

 

先週、介護施設にご親戚様がご入居されるにあたり、遠方より弊社にお越しいただきました。

 

 

 

今回、お客様がお仏壇のご購入にあたり、2つのご要望を持たれていました。

 

 

 

① お部屋のスペースに大きなお仏壇を置くスペースはなく、

  サイドボードの上に置けるコンパクトサイズのお仏壇をお探しになられていました。

 

 

 

弊社展示場でコンパクトサイズのお仏壇をご覧になっていただき、お部屋の雰囲気に合うダークブラウン色のお仏壇を選ばれました。

また、お仏壇の天井部分にはダウンライトが付いており、仏壇内を照らすことができることもお客様がお気に召されるポイントにもなりました。

 

家具調(閉).jpg

サイドボードがライトブラウン系のお色目ですので、それよりも少し濃い目のダークブラウン色のお仏壇をお薦めいたしました。

まったく同じお色目でも良いかと思いますが、色の濃淡がある方がメリハリもあり、飽きのこない組み合わせであると私は考えています。

家具調(開).jpg

偶然ですが、フローリングがサイドボードと同じくライトブラウン色ですので、お仏壇のダークブラウン色を際立たせられたと思います。

家具調(道具入り).jpg

② 介護施設が火気厳禁のため、火を使わないお蝋燭やお線香もお探しになられていました。

 

 

 

以前ブログでもご紹介したことがございますが、電池で点灯するお線香やお蝋燭がございます。

そのブログは下記よりよりご覧ください。

「火元がご心配な方へ ~介護施設へのお仏壇納品~」

自動消灯電子線香その1.JPG

手前の茶色いボタンが電源のオンボタンになります。

そして今回お薦めいたしました電池式お線香は点灯させてから15分後に自動で消灯いたします。

これでしたらば、消し忘れることがございましても安心ですね。

電池を使いすぎることのないエコな商品となっております。

自動消灯線香その2.JPG

また、手を合わせた後はすぐに消したい!と思われるお客様には、

裏側にある赤いボタンを押していただきましたら、強制消灯いたします。

 

 

 

消し忘れの場合には15分後に自動消灯、すぐに消灯したい方には消灯ボタンを押して消せます。

お客様ご自身で使い方をお選びいただけますので、優れもの商品だと思います。

単4乾電池2本を使用します。

電子ろうそく.JPG

こちらのお蝋燭も電池式になっております。単4乾電池1本を使用します。

炎の部分を上から軽く押していただくと点灯し、もう一度押していただくと消灯する仕組みになっています。

上で紹介いたしましたお線香は自動で消灯しますが、こちらは自動で消灯することはありません。

 

 

 

コンセントに差込む方法で点灯しますお蝋燭がございますが、コードが仏壇の中に通りますので邪魔になることがございましたが、こちらの商品はそのような煩わしさもございませんので、とても人気がございます。

家具調(道具入り)その2.jpg

お仏壇の中がとてもスッキリしていると思います。

 

 

 

こちらのお仏壇ですが、ウォールナット調でお作りしております。

ウォールナットは家具と合わせやすい色目ですので、とても人気が高いです。

コンパクトでも棚が1段ございますので、仏具を並べていただいても見えやすくなっております。

お仏壇サイズ 幅38cm 高さ42cm 奥行き30cm

 

 

 

以前にも同じウォールナット調のお仏壇をお買い上げいただきました。

そのブログは下記よりご覧ください。

「大きいお仏壇から小さいお仏壇へ ~でも、お仏像はそのまま使いたい!~」

 

 

 

 

今回ご紹介しました電池式のお線香とお蝋燭は、発光部分がどちらもLEDで出来ております。

LEDは間違って触っても熱くありませんので、火傷の心配もございません。

転倒しても火事の心配もございませんので、火気厳禁の場所にはお役に立つアイテムと思います

また、小さなお子様やペットと一緒にお住まいの方にも、お薦めです。

煙や臭いが苦手なお客様にも重宝していただけると思います。

 

 

 

お仏壇に手を合わせていただくときは、煙の出るお線香や炎を出すお蝋燭を使っていただくのが本式であります。

しかしながら、住環境や体質でやむを得ずお使いになることが出来ないお客様もおられます。

今回ご提案させて頂きました商品は、そういうお悩みを持たれていますお客様向けのアイテムとなっております。

 

 

 

仏壇・仏具は古くてお堅いイメージが先行しておりますが、今の時代に合った商品もたくさんございます。

ブログでは紹介しきれない物もございますので、何かご不明な点やご希望のお探し物がございましたら、何なりとお問い合わせください。

【お問い合わせ先】

ホームページからのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

直通メールアドレス 0883@d2.dion.ne.jp までお願いいたします。

※返信にお時間がかかる場合もございます。  

 

 

 

この度は弊社をご利用いただき誠にありがとうございました。

お客様のご要望を満たすご提案ができ、弊社もとても嬉しく思います

この度のご縁、誠にありがとうございました

 

 

 

お仏壇を納品した日はとても寒い日でした。

愛宕山.JPG

京都市右京区にあります愛宕山の山肌には薄っすらと雪が積もっており、今年はじめて雪を見ました。

とても綺麗ですが、見てるだけで寒さは倍以上に感じました(笑)

これからますます寒くなるばかりですので、お風邪を引かれないように暖かくしてお過ごしくださいませ。

合掌

#京都 #kyoto #京仏壇 #京仏具 #仏壇 #仏具 #寺院用具 #加茂定

#家具調仏壇 #モダン仏壇 #新型仏壇 #上置き仏壇

#電池式線香 #自動消灯 #電池式蝋燭

 

研修旅行に行ってきました。~晩秋の播州路へ~

みなさま、おはようございます。6代目です。

 

 

 

先週、弊社が加盟しています「京都名産品協同組合」の青年会 研修旅行に参加してきました。

京都名産品協同組合については、下記URLよりご覧ください。

京都名産品協同組合ホームページ http://www.kyoto-meisan.jp/

 

 

 

毎年行われている研修旅行ですが、私は今回はじめて参加させていただきました。

研修先は、初日が「揖保之糸 資料館そうめんの里」「うすくち龍野醤油資料館」「赤穂城跡と大石神社」

2日目が「姫路城」でした。

宿泊先は兵庫県赤穂市にあります赤穂温泉に泊めていただきました。

 

 

 

まずは「揖保之糸 資料館そうめんの里」です。

贈り物でいただくことがありますが、とても美味しいですね!

みんな真剣にガイドさんのお話に耳を傾けておられます。

揖保素麺の歴史や作り方を展示品を見ながら館内を案内していただきます。

そうめん説明シーン.JPGのサムネイル画像

職人さんも出てこられ、素麺の麺伸ばしを見させていただきました。

簡単そうにされてましたが、均一に伸ばすのは熟練の技だと説明されてました。

素麺伸ばし.jpgのサムネイル画像

実際に伸ばされた麺を触らせていただきましたが、フニフニモチモチしてて触り心地が良かったです。

素麺伸ばした後.JPGのサムネイル画像

揖保素麺は6つのブランドに別れるそうで、特に「三神」と呼ばれるブランドはすぐに売切れになってしまうほど希少な素麺だそうです。

素麺ブランド説明.JPGのサムネイル画像

もし、食べる機会がある方はとてもラッキーな方だと思います!

箱詰めされる前のラインも見せていただきましたが、ドンドン出てきます。

いったい何食分ぐらいあるのか、とても気になりました!

梱包ライン.JPGのサムネイル画像

昼食で温麺の揖保素麺をいただきましたが、私は温かいだし汁で素麺をいただくことはほぼありません。

自分の記憶を掘り起こしてみましても、初めてのようにも思えましたし、もしかしたら食べているかもしれませんが記憶がありません(笑)

温かい素麺のことを「にゅうめん」と言うそうですが、美味しいお料理に出会えて嬉しかったです!

夏場に冷たい素麺ばかり食べていましたが、冬場に温かい素麺を食べるのも美味しいですね。

ごちそうさまでした。

昼食素麺.JPGのサムネイル画像

次にお邪魔したのは「うすくち龍野醤油資料館」です。

こちらはヒガシマル醤油さんが以前本社として使われていた建物だそうです。

醤油資料館外観.JPG

それを現在では資料館として、使われています。

こちらではビデオを見せていただきましたが、上映後に館内を案内していただきました。

本来は館内の展示物を見るだけですが、「展示品を説明していただくことは可能でしょうか?」とお願いしましたところ、特別に説明していただけました!

私たちが見学を終えたときに団体さんが来られましたので、慌しくなる前に入館できたこともラッキーでした!

突然のお願いにもかかわらず、快くお引き受けくださり誠にありがとうございました。

醤油説明 その1.jpg

昔はすべて手作りで、現在は機械化されてますので、役目を全うした道具がたくさん展示されてました。

醤油 その2.jpgのサムネイル画像

醤油 その3.jpg

樽の大きさも色々あり、隙間なく樽を作る職人さんも当時は居られたそうです。

海運が盛んに行われていたこともあり、大阪や京都にたくさんの醤油が運ばれたそうです。

 

 

 

醤油は全部で5種類に分けられるそうですが、関西でお馴染みのうすくち醤油は兵庫県龍野市が発祥だそうです。

醤油がこれだけ種類があるのをみなさんご存知でしたでしょうか?

お恥ずかしながら、私は初めて知りました。

醤油 その3.JPG

日常の料理に欠かせない調味料の作り方を勉強できて大変よかったです。

今まで以上に美味しくいただけそうです!

 

 

 

初日に訪れた最後の場所は「赤穂城跡と大石神社」です。

主君の仇討ちを題材にした忠臣蔵で有名なところです。

 

 

 

赤穂城の石垣に登ることができます。

紅葉もしており、眺めが綺麗でした。

赤穂城.JPG

大石神社には赤穂浪士四十七士の石像が両脇に祀られています。

大石神社 その1.JPG

大石内蔵介様の石像にも手を合わせてきました。

大石くらのすけ.JPG

参拝に出向いた時間が夕方でしたので、参拝客も少なくゆっくりと境内を見学することができました。

本殿もとても立派でした!!!

大石神社 その2.JPG

歴史あふれる観光地に訪れることができ、内容盛りだくさんの初日研修を終えました。

 

 

 

宿に着き、一日の疲れを温泉で癒します!

撮影禁止でしたので(当然ですが)、浴場の雰囲気をご紹介できないのは残念ですが、

海辺に面した温泉で合計3回入浴しました。

4回も温泉に浸かったツワモノもいましたね(笑)

 

 

 

ロビーから見た夕陽です。とても綺麗でした!

ギンパソウ その1.JPG

浴場に行く通路で朝陽をパシャリ!

ぎんぱそう 朝日.JPG

温泉に浸かりながら、夕陽と朝陽を拝むこともできます。

朝陽のご来光を見たときには、家運隆昌をお願いして手を合わせました!

水平線越しに見れる太陽は何とも言えないぐらいに迫力がありました。

ご来光パワーで年末業務も頑張れそうです!!!

時間によっては雨が降っていましたので、朝陽も夕陽も見れたことはまたまたラッキーでした!

 

 

 

食事も存分に堪能して2日目に備えて就寝し、1日目が終了しました。

翌朝、旅館の前で赤穂浪士の法被を貸していただいて集合写真を撮りました。

モザイクをかけていますが、モザイクの向こう側はイケメンが写っています(笑)

団体旅行に行きますと必ず集合写真を撮ってしまいますが、今回は4回も撮りました(笑)

集合写真.jpg

2日目は国宝姫路城です。

姫路城看板.JPG

奈良の法隆寺とともに日本で最初の世界文化遺産にも登録されたお城です。

白色の漆喰(「しっくい」と読みます)で塗られた白い城壁は、とても優美でした!

姫路城外観.JPG

天守は地上から約45メートルの高さがあり、眼下に見える姫路の街並みが綺麗でした。

姫路城からの眺め.JPG

写真の真ん中にあります広場に骨組みのようなものがあるのがお分かりでしょうか?

12月2日までプロジェクションマッピングがされてたようでしたが、この時は解体中でした。。。

もう少し早ければ見ることもできたのですが。。。残念でした(涙)

 

 

 

こうして2日に渡って研修旅行を大満喫して、京都へと帰りました。

 

 

 

今回印象に残りましたのが、「揖保之糸 資料館そうめんの里」と「うすくち龍野醤油資料館」で、説明を受けながら歴史や作り方、作り手さんの気持ちを聞くことができたことでした。

説明を聞くことで「あ~~、なるほど!!!」「そんな苦労があるんだ~~」「そんな食べ方もあるんだ!?」って、ウンウンと頷いている場面が何度もありました。

そして、共通していたことは、「一生懸命」に説明をされてる姿でした。

 

 

 

お仏壇は「一生に一回」買うか買わないかの物とよく言われます。

お客様にとって、とても大切な買い物になりますので、疑問や不安など様々なことを抱いておられます。

私は「対話」を第一に考えていますので、「対話」を通して少しでもそういう気持ちを解消でき、ご納得いただけるお買い物のお手伝いができればと考えています。

ですので、「一生懸命」にお客様にお話しよう!と再確認できる場となりました。

 

 

 

お客様に合わせたご提案やアドバイスを心掛けておりますので、

どんな些細なことでもかまいませんので何なりとお問い合わせください。

 

 

 

説明員さんが「一生懸命」にお話しされる姿に自分を重ねてみることができる旅行となりました。

また、2日間とも気候がとても暖かく、快適に過ごせました!

今回、旅行の幹事を仰せつかっていました。

参加者に喜んでいただける内容だったかは分かりませんが、事故や怪我なく帰京できたことがなにより嬉しかったです。

旅行に連れて行っていただきました京都名産品協同組合様に、この場をお借りして感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

 

 

余談ですが、私は説明を聞いたあとに、売店で買い物をしてしまいました(笑)

説明の通りにとても美味しかったです(笑顔)

 

 

 

急に冷え込みが厳しくなってまいりました。

暖かくしてお出かけしてくださいませ。

そして朝陽のご来光パワーがみなさまに幸せをお届けしますように!!!

合掌

#京都 #kyoto #京仏壇 #京仏具 #仏壇 #仏具 #寺院用具 #加茂定

#京都名産品協同組合

スペースのないお部屋にお仏壇を置きたい!

みなさま、おはようございます。6代目です。

 

 

 

先日、新しいお仏壇をお迎えしたいとお考えのお客様にご来店いただきました。

 

 

 

お仏壇を置かれる場所もすでに決めておられ、その場所に収まる大きさのお仏壇を探されておられました。

またこちらのお客様は先日放送されました関西放送「よ~いドン!」をご覧になられてまして、

「テレビで見たお仏壇ならば置けるのでは!?」ということでご来店いただきました。

 

 

 

お話しをお聞きしますと、

「キッチン兼リビングのフローリング部屋に置きたい。」

「リビングですので、昔ながらの形状のお仏壇ではなく、モダンなデザインのお仏壇にしたい。」

「生活スペースでもありますので、場所をとらず、尚且つ収納もできるサイズのお仏壇にしたい。」

ということでした。

 

 

 

そして、お客様がお目当てにされていましたのは3番目に映していただきましたこちらのお仏壇でした。

売れ筋仏壇(開).jpgのサムネイル画像

色目がダークレッドの「売れ筋ナンバーワン商品」のお仏壇でした。

 

 

 

お仏壇のご紹介をさせていただきます。

材料はアフリカを原産とする「サペリ材」を使ってお作りしています。

「薄板貼り」という工法で出来ておりまして、0,1~0,8mmの薄い「サペリ」の板を芯材に貼り付けています。

紙1枚分の厚さをイメージしていただけたら分かりやすいかと思います。

全宗派様でお使いいただけるお仏壇となっています。

お値段は18万円(税込)です。(仏具は価格に含まれていません)

お仏壇サイズは幅40cm 奥行35cm 高さ120,5cmです。

 

 

 

実際にご覧いただきまして、お客様が考えておられましたサイズにピッタリでした。

お仏壇の下部分の収納スペースもご確認され、十分な収納スペースにご満足いただけました。

売れ筋仏壇(上段引出).JPGのサムネイル画像

引出しの上にある棚が前にスライドすることで奥行きができますので、仏具もゆったりと置けるスペースがつくれます。

売れ筋仏壇(上段棚).JPGのサムネイル画像

スライド棚の下にある引出しにはローソクやお線香などの常時使われる物も収納できます。

下に仏具入りの写真を載せておりますが、木魚もお仏壇の下部分の収納スペースに納めることが出来ます。

またお客様の中にはお墓をご準備されるまでの期間、こちらの収納スペースに骨壷を置かれる方もおられます。

 

 

 

納品後の雰囲気をご覧ください。

サペリ仏壇(閉).JPG

サペリ仏壇(開).JPG

(上の写真)

赤みを帯びてまして、ストライプ状の美しい木目が綺麗です。

フローリングの色目と同系色なのも、統一感がでて良いですね。

サペリ仏壇(引きの写真).jpg

(下の写真)

お部屋のコーナーに置かれ、場所を取らずに設置できました。

 

今後、祭壇(写真左下モザイク部分)を片付けられると、

スペースがさらに拡がり生活スペースを確保できます。

 

 

 

こちらのお客様は浄土宗さんでしたので、ご本尊様は真ん中に阿弥陀如来様、両脇に両大師様をご安置します。

サペリ仏壇(仏具入り).JPG

ご本尊様は掛け軸にされるお客様が多いですが、こちらのお客様は木彫りのお仏像をお選びいただきました。

ご予算に合わせてご本尊様は掛け軸か木彫りのお仏像をお選びしていただけるようにしておりますので、お客様のご希望をお聞かせください。

 

 

 

今回ご提案させていただきましたお仏壇は、小柄ではありますが収納もあり、置かれる場所が狭くてお困りのお客様にはピッタリなお仏壇だと思います。

お仏壇を置かれる場所や今後の使い方のご希望をお聞きすることで、お客様に相応しいお仏壇をご提案することができます。

 

 

 

いつもお話しさせていいただいておりますが、対話を通してお客様のご要望に合うご提案を心がけております。

お客様お一人お一人が持たれていますお悩みやご要望は異なります。

弊社がそのことを解決あるいは実現できるように、しっかりとこれからもお客様のお声に耳を傾けていきたいと思います。

ですので、お仏壇を置くスペースでお困りになられている方は、些細なことでもかまいませんので何なりとお問い合わせください。

【お問い合わせ先】

ホームページからのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

直通メールアドレス 0883@d2.dion.ne.jp までお願いいたします。

※返信にお時間がかかる場合もございます。  

 

 

 

お客様のご要望を実現できるご提案ができ、弊社もとても嬉しく思います。

この度のご縁、誠にありがとうございました。

 

 

 

そして、このご縁を繋げてくださいました関西テレビ「よ~いドン!」のスタッフの皆様、ロケをしていただきましたスーパーマラドーナさんにこの場をお借りして厚く御礼申し上げます。

ありがとうございました。

 

 

 

いよいよ12月に入りました!

12月最初の月曜日は生憎の雨でございますが、良き1週間をお過ごしください。

今年一年を悔いなく走りきれるように、ラスト1ヶ月を邁進したいと思います。

みなさまにも充実した時間をお過ごしいただけましたら幸いです。

合掌

#京都 #kyoto #京仏壇 #京仏具 #仏壇 #仏具 #寺院用具 #加茂定

#家具調仏壇 #モダン仏壇 #新型仏壇 #下台付き仏壇 #浄土宗

#スペース狭い #狭い #収納 #フローリングに合うお仏壇