ホーム>加茂定ブログ>2018年8月
仏壇仏具・京仏壇 | 加茂定 【京の老舗】表彰 最高級仏壇
京仏壇 加茂定
0120-088-375 075-351-0128
  • ホーム
  • 加茂定の最高級仏壇
  • 加茂定とは
  • 加茂定の仏壇
  • 会社概要
  • お問い合わせ

2018年8月

火元がご心配な方へ ~介護施設へのお仏壇納品~

みなさま、おはようございます。6代目です。

 

 

 

先日、介護施設のお部屋に置きたいとお考えのお客様にお仏壇を納めてきました。

配達

ご希望の内容は、

① 収納があり洋風のお部屋に似合うお仏壇をお探しになられてました。

上部厨子型仏壇

ブラウン系のフローリングや家具と合わせたいとお考えでした

「合わせる」となりますと同系色にされる方が多いです。

 

 

 

しかし、ワンポイントだけ色目を変えたいというお考えでしたので、他の色と合わせやすいグレー色をお薦めいたしました。

ブラウン系と同じく落ち着く色目ですが、メリハリがでたと思います。

写真を撮るのを失念しておりましたが、下台はたっぷり収納があります!!!

 

 

 

② 背の高いお仏像をご安置できる。

スリム仏壇のサムネイル画像

(上の写真)天井まで空間があり、圧迫感無くご安置できました。

 

スリム仏壇スリム(上から)のサムネイル画像

(下の写真)

奥行きは浅いですが、お手持ちのお仏像、お位牌を全てご安置できました。

お写真をご覧いただきます通り、棚が1段だけ付いていますお仏壇です。

お仏壇は棚が2段、3段となるものが多いですが、棚が積み上がれば天井までの高さが無くなります。

 

 

 

お使いになられてましたお仏像が大きいものでしたので、

天井まで空間がとれまして圧迫感が無く、ゆったりと置ける、棚が1段の物をお薦めいたしました。

 

 

 

③ 介護施設ということで。。

LED電池線香

火元の心配があるということでしたので、電池式のお線香をお薦めいたしました。

 

 

 

発光部分はLEDで出来てまして、白いボタンが電源のオン・オフボタンになります。

単4乾電池2本で点灯し、アルカリ乾電池の場合は連続点灯約240時間です。

マンガン乾電池の場合は連続点灯約120時間です。

※電池メーカーにより時間は異なります。

LEDですので間違って触っても火傷の心配もございませんし、

火傷

転倒しても火事の心配もございません。

火事

ご年配の方にご安心いただけるアイテムかと思います。

また小さなお子様がおられたり、ペットを飼われておられる方にもお使いいただいております。

 

 

 

マンションのような機密性の高いところでは空気が流れにくいですので、煙や臭いが苦手な方にもお薦めです。

 

 

 

本来はホンマもんのお線香を焚いてほしいのですが、

線香

住環境や体質のこと、火元の心配を持たれてる方にはお薦めな商品かと思います。

 

 

 

仏壇・仏具と言いますと、古いイメージを持たれてる方もおられるかも

しれませんが、現代社会のニーズに合った商品も取り揃えております。

ブログでは紹介しきれない物もございますので、些細なことでもご不明な点ございましたらお問い合わせください。

【お問い合わせ先】

ホームページからのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

直通メールアドレス 0883@d2.dion.ne.jp までお願いいたします。

※返信にお時間がかかる場合もございます。  

 

 

 

介護施設に入られたお母様の代わりにご子息様がお仏壇を探されていました。

お母様のご要望を叶えるご提案ができ、弊社もとても嬉しく思います。

この度のご縁、誠にありがとうございました。

 

 

 

日中はまだまだ暑いですね。

体調を崩されずに、みなさまがより良い日々をお過ごしになられますことをご祈念申し上げます。

合掌

#京都 #kyoto #京仏壇 #京仏具 #仏壇 #仏具 #寺院用具 #加茂定

#家具調仏壇 #モダン仏壇 #新型仏壇 #台付 #電池式線香

京都 太鼓と三線が奏でる地蔵盆へ

みなさま、おはようございます。6代目です。

 

 

 

23日 台風20号 凄かったですね。

私の方は何もございませんでしたが、知り合いが住む地域の電車線路を支える土砂が崩れ通勤に困られてると聞きました。

この度の台風で影響を受けられました方々に深くお見舞い申し上げます。

 

 

 

一昨日、お寺の地蔵盆に参加してきました。

 

 

 

京都市内では、地域を見守ってくださるお地蔵様を祀って町内安全や子ども達の健全育成を願う「地蔵盆」という行事が行われます。

お地蔵様

金魚すくいや輪投げ、おもちゃの抽選やお菓子の配布など、子どもにとっては魅力的な行事です!

 

 

 

子どもの頃は、夏休みでしばらく会えていなかった友達とも会え、とても楽しかった思い出があります。

しかし、五山の送り火と地蔵盆が終わりますと夏休みがいよいよ終わってしまう!

という悲しい現実を受け入れなければならない憂鬱な時でもありました。。。

夏の終わり

京都にお住まいの方なら、この気持ちを分かっていただける方も多いのではないでしょうか??

 

 

 

この度、お寺さまで行われる地蔵盆に参加してきました。

参加と言いましても、お参りに参列するのではなく私の趣味でもある琉球楽器の「三線」を弾いてきました。

 

 

 

こちらのお寺さまは沖縄に所縁があり、「エイサー」という琉球舞踊が地蔵盆で奉納されます。

「エイサー」は本土の「盆踊り」にあたると言えば分かりやすいでしょうか?

躍動する太鼓と踊りが、見る者を圧倒するすばらしい舞踊です。

こちらのお寺さまに所縁のある子ども達が太鼓と踊り手で私たちが三線を弾き

今年はじめて一緒に共演させていただくことになりました。

 

 

 

陽が落ちる前にみんなでリハーサル!

屋外リハーサル

控え室では三線メンバーだけでリハーサル!!

緊張を消すためにお酒の力もかります。(笑)

リハ楽器

場所を移して、お揃いのユニフォームに着替え(ピンク系ならOKという感じです)、

三線の舞台

見物の方もたくさんおられます。

会場雰囲気

いざ本番へ!!!

三線の舞台(正面)

子ども達の優雅なエイサー。

今年1番の出来だった!(らしいです。)という私たちの三線の音色。

暑かったですが、とてもとても楽しかったです。

陽も落ち提灯に灯りがともり、掛け声や指笛を吹いてくださる方もおられ、

「沖縄流」のお盆を見ていただけたのではないでしょうか!?

輪投げヨーヨー吊り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

境内の前では子ども達がいろいろなゲームを楽しみ、もうすぐ終わる夏休みをきっと噛み締めていたことでしょう。。。

 

 

 

ご住職さまから「三線」を一緒に弾こうとお誘いいただいてから3年が過ぎました。

楽譜を見ながら、時には指が固まってしまう時もまだまだありますが楽しく演奏させてもらってます。

月に2回の練習で、1回は沖縄から情熱的な先生が来られます。

メンバーの年齢はバラバラですが、同じ楽しみを持てていることは素敵なことだと思います。

「きっかけ」をいただけたことに本当に感謝です。

 

 

 

実はブログを始めようかなと思ったとき、何も分からずに書くのもなぁ~~~って、不安だったんです。

しかし、大人気のブロガーさんに相談して教えてほしいとお願いしましたところ、

快くお受けくださり私に「スタートライン」を作ってくれました。

間違いがありましたらすぐに注意が飛んできて時に怖いですが、

優しく教えてもらえるので安心してブログを書かせていただいてます。

 

 

 

「きっかけ」をいただけるのは「ご縁」あってのことだと思います。

仕事だけに関わらず、大事にしていきたいなと思います。

 

 

 

8月も残り1週となりました。

お地蔵様のご加護が皆様へ届きますように。

お地蔵様のサムネイル画像

合掌

#京都 #kyoto #京仏壇 #京仏具 #仏壇 #仏具 #寺院用具 #加茂定

#地蔵盆 #エイサー #三線 #沖縄 #お地蔵様

 

 

 

暑気払い♪

みなさま、おはようございます。6代目です。

 

 

 

昨日、夏の暑さで弱った体を労わろうということで暑気払いに参加してきました。

 

 

 

場所は、今年京都に初めてオープンした「すしざんまい」さんでした。

すしざんまい新春のマグロ初競りでテレビでよくお見かけする社長さんのお店です。

なんと24時間営業らしいです。

すしざんまい社長

どれもおいしくいただきましたが、「とろたく」なる巻き物を初めていただきました。

流行のネタらしいですが、おいしかったです!

とろたく

ワイワイと会話や食事を楽しみ、全員が楽しい時間を過ごすことができました。

 

 

 

気心知れた仲間内の食事会はホント楽しいです!

 

 

 

帰り際に、参加者一人づつが社長人形と記念撮影をしたのですが。。。

すしざんまい社長とツーショット

私は「すごい似てる」と言われまして、大爆笑されました(汗)

 

 

 

そんなに似てますか???(笑)

 

 

 

改めてご挨拶いたします!

当店6代目の加茂 裕人(カモ ヒロト)です。

見た目は、すしざんまいの社長さんにそっくり。(そのようです。。。)

お店の事をメインに、時には脱線したお話も交えながらブログで発信していきたいと思います。

些細なことでもお気付きの点やご不明な点などございましたら、何なりとお問い合わせいただけましたら幸いです。

今後とも末永くよろしくお願いいたします。

 

 

 

暑すぎた夏を過ごされて、みなさん心身ともに疲弊されておられませんか?

 

 

 

気の合う仲間と暑気払いに行かれてみてはいかがでしょうか?

合掌

#京都 #kyoto #京仏壇 #京仏具 #仏壇 #仏具 #寺院用具 #加茂定

派遣販売員研修会

みなさま、おはようございます。6代目です。

 

 

 

昨日、京都名店会(京都物産出品協会)で開催されました派遣販売員研修会に参加してきました。

研修会

この会は全国の百貨店様で「京都展」の催事を行う会です。

 

 

 

9月から始まる秋季京都展に向けて、販売員の資質向上を図るための研修会でした。

 

 

 

落語家 三代目 桂 文之助さんが講師で来られまして、

 

 

 

「落語から学ぶ接客話術と落語一席」のテーマでご講演されました。

研修会風景

「伝え方」が大事です、と落語を織り交ぜながらお話になられました。

 

 

 

 

聞き手にうまく「伝える」ことができないと、

 

 

 

聞き手は「想像」することができない。

 

 

 

「想像」ができなければお話も面白くないし、

 

 

 

接客で言えば商品の良さを「思い描く」ことができない。

 

 

 

加えて、

 

 

 

自分の仕事を本気で好きになって取り組まなければならないともお話になられました。

 

 

 

先日、電気屋さんに買い物に行きましたが、

 

 

 

店員さんの熱のこもった説明を聞き、私も実際に使うことを想像しながら聞けました。

 

 

 

「話し方」「伝え方」が大事であることを再認識できました!

 

 

 

秋の催事に向けて気を引き締める機会となり、

 

 

 

会のメンバーさん達とも懇親を深められる時間を過ごせました。

 

 

 

ご準備いただきました皆様、そして講師の先生に感謝申し上げます。

 

 

 

今回の研修会の会場になったのは、京都市下京区にある「鶴清」さんでした。

 

 

 

鴨川に面したお店で、この時期は納涼床がされてます。

納涼床

以前に比べますとここ最近は涼しくもなってきてます。

 

 

 

これから京都に遊びに行く予定を立てられてる方は、

 

 

 

納涼床で夜風にあたりながら風情あるお食事をお楽しみになられてはいかがでしょうか?

 

 

 

京都らしいスポットですよ!

 

 

 

秋季京都展 当社出展場所は後日ご案内いたします。

合掌

#京都 #kyoto #京仏壇 #京仏具 #仏壇 #仏具 #寺院用具 #加茂定 #お盆

#京都名店会 #京都物産出品協会

観音様のお引越し②

みなさま、こんにちは。6代目です。

 

 

 

前回の続き(観音様のお引越し①)

 

 

 

引越し終了後、ご住職様からご要望をお伺いしまして、

8月末に本堂で大きな法要が執り行われるので、金襴の水引で見栄えよく荘厳してほしいとご依頼いただきました。

 

 

 

後日、改めて板の採寸を行い、現場の状況を把握しどのように取り付けるかをまず第一に考えます。

高所作業での注意と、水引が落ちないようにする工夫が重要になります。

 

 

 

小さな模型を作り、ご住職様と職人さん、そして私の3人で完成イメージを共有していきます。

模型

 

イメージを共有するためには、打合わせを何度も繰り返しコミュニケーションをとらせていただきます。

打ち合わせ

 

金襴の柄も色々と準備して、お好きな柄をご住職様にお選びいただきます。

 

 

 

観音様を明るく見せたいということで、今回は正絹 朱色地 鳳凰柄でお仕立てすることとなりました。

 

 

 

出来上がりがこちらです。木綿の裏地も付けております。

水引仕上がりのサムネイル画像水引裏地

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金襴製品は反物からお仕立てに使う分量だけの生地を裁断します。

金襴反物

したがって、金襴を裁断しますと裁断面は糸がほつれてしまいます。

金襴裁断面

このままの状態で取付けますと、時間の経過とともにさらに糸がほつれていきます。

 

 

 

加えて見た目も悪くなってしまうのが想像できます。

 

 

 

そこで表地の金襴に裏地を付けることで糸がほつれる心配を解消させることとなり、見栄えも良くなります。

 

 

 

木綿は強度の強い素材ですので痛みにくく長持ちもします。

通気性も良いので、カビ対策にもなります。

 

 

 

また、水引が掛かっている場所は脚立やハシゴで届く高さではなく、触ることも動かしたりすることも容易ではありませんので、

 

 

 

永くご愛用いただけますようにと想いを込めて製作いたしました。

 

 

 

話しは戻りまして、

 

 

 

足場を作り、模型でイメージした通りに取付けを行います。

取付け作業風景

両側から始めて、最後に真ん中を取付けて完成です。

水引取付け完成

ご住職様にもご確認いただきまして、「見栄えよく」のご要望に精一杯お応えさせていただき、喜んでいただけました。

 

 

 

自分の考えを伝えるためには、会話をするということがホントに大事だと思います。

 

 

 

「考え」や「思い」を伝えることで、想い描く「形」になりました。

 

 

 

当社では、会話を通してお一人おひとりに合いましたプランを共に考えてまいります。

 

 

 

何かございましたら、いつでもお申し付け下さい。

【お問い合わせ先】

ホームページからのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

直通メールアドレス 0883@d2.dion.ne.jp までお願いいたします。

※返信にお時間がかかる場合もございます。  

 

 

 

お盆も明けてしまいましたが、お墓参りにまだ行けておられない方はおられませんか?

 

 

 

お参りに行くことは「ご先祖様への感謝」という形になると思います。

合掌

#京都 #kyoto #京仏壇 #京仏具 #仏壇 #仏具 #寺院用具 #加茂定 #お盆

#仏像引越し #仏壇引越し #お魂抜き#お魂入れ #お性根入れ #お性根抜き #入仏式 #お遷座

#開眼供養 #眼供養 #開眼法要 #眼法要 #水引

今年はなんでも最後です

みなさま、こんにちは。6代目です!

 

 

 

昨日8月16日で今年のお盆が終わりましたね。

 

 

 

お盆の最終日は、お盆法要お手伝いの最終でした。

 

 

 

この日は数百名がお参りに来られるご寺院様ですので、気合を入れて朝早くからの訪問です。

 

 

 

先日のお手伝いの折にも着用しておりましたが、店名を入れた作務衣を着用し身も心も引き締めます。

作務衣

お墓のゴミ掃除からはじまり、お供養品の詰め物作業、お塔婆並べ、昼食の配膳と後片付け、本堂の後片付け等々

 

 

 

昼食のお素麺200人前の準備は、台所の暑さにも負けずにご準備されてました。

修学旅行か慰安旅行時のような配膳風景です!

昼食準備

11時過ぎに法要が始まりましたが、終了したのが15時過ぎでした。

直行寺本堂内様子

有志の方々でお手伝いをするのですが、私以外の方々は人生の諸先輩方ばかりです!

 

 

 

昨日は曇り空で普段より過ごしやすいと言いましても、まだまだ暑いです。

 

 

 

そんな環境下でも人生の諸先輩方がテキパキと動かれる姿を拝見し、自分も引っ張られるようにお手伝いに励むことができました。

 

 

 

すべてを終えてからご住職様、お手伝いの皆様と一緒に遅めの昼食でしたが、とても美味しかったです。

 

 

 

本当にお疲れ様でした。

 

 

 

この日は京都市外のご寺院様でのお手伝いで、終了後も他用があり帰社したのが22時ごろでした。

 

 

 

五山の送り火をまったく見れることができませんでした。

大文字

今年で「平成」の時代が終わりますので、何事もすべてが最後になります

 

 

 

来年もまた見れますが、「平成最後」の五山の送り火を見逃したことはとても残念でした。

 

 

 

来年からは新しい元号となります。

 

 

 

私は平成最後の年を悔い残さずに過ごしたいです。

 

 

 

皆様は平成最後の年をどのようなお気持ちでお過ごしになられたいですか?

 

 

 

合掌

#京都 #kyoto #京仏壇 #京仏具 #仏壇 #仏具 #寺院用具 #加茂定 #お盆

#お施餓鬼 #盂蘭盆会 #塔婆 #卒塔婆 #経木塔婆 #水塔婆 #お塔婆 #お墓参り

#お供養品

観音様のお引越し①

カレンダーでは本日までがお盆休みのところが多いみたいですが、私の知り合いの方は19日までお盆休みの方もおられます。羨ましい限りですが、皆様はこのお盆休みを有意義に過ごされましたでしょうか?

海6月中頃にお取引先のご寺院様から、観音様を引越ししたいので力を貸してほしいとご連絡いただきまして先日行ってまいりました。

※工務店様と仏師様が主導になられて、私は運び出し等の力仕事が担当です。

 

 

 

全長3メートル近くはある観音様。間近で見ますととてつもなく大きいです。

後光奥で作業をされてる女性と比べますと、その大きさを想像することができないでしょうか???

 

 

 

運ぶ道中で観音様に傷が付かないようにしっかり養生いたしまして、

観音様には特注の担架で横になっていただきまして、観音堂から本堂へと運びました。

観音様担架

3メートル近くある観音様を直接床に置くだけでは不安であり、地震等の不測の事態に備えて後光の裏側に柱を立て、本堂と繋げる形で据付されてあります。

ウィンチを使って観音様にお立ちいただき、養生布を剥がしましたら元のお姿にいよいよ戻られます!

観音様設置終了

残念ながらこの後に所用がありまして、私はいったん中座します。

用事を済ませて戻ってきますと、柱から板を突き出して瓔珞(「ヨウラク」と読みます)も吊るしてあり、立派にご安置されてました。

観音様正面写真を見ていただくとお分かりになられると思いますが、

板が剥き出しになってるのが気になり、何かで隠したいとご住職様からご依頼いただきました。

ここまでは力仕事のお手伝いでしたが、ここからが私の出番となりました!

 

 

 

続きはこの後のブログにて

 

 

 

さて、お引越しの話題で書いておりますが、

 

 

 

お引越し作業の前にはご住職様によって「お魂抜き」が行われています。

終了後には「お魂入れ」ももちろん行われます。

※宗派によっては「お魂抜き」「お魂入れ」と呼ばないこともございます。

僧侶拝む後姿

仏様を動かす時には「お魂抜き」「お魂入れ」の法要が行われるのが通例です。

 

 

 

ご家庭にあるお仏壇を動かす場合も同じです。

 

 

 

新しいお仏壇を家に迎えるときは「お魂入れ」お仏壇を処分する時は「お魂抜き」を行います。

僧侶と家族が拝む

私は仏壇屋に産まれて育ってきたこともあり、当たり前のことだと思っておりました。

 

 

 

しかし、こういう場合にご寺院様にお願いしなければならないのですか?とお聞きになられる方がおられます。

 

 

 

「どうしてそう思われるのですか?」とお聞きしますと、

「大袈裟にしたくない」「時間をかけたくない」「お金をかけたくないから」といったようなお考えを持たれています。

 

 

 

今まで手を合わせていた対象、あるいはこれから手を合わせる対象ですので、穏やかな気持ちで手を合わせるためにも法要という節目は必要なことだと思います。

 

 

 

簡素化が好まれる現代、節目を大事にすることで、仏様に手を合わせて心を落ち着かせるのはいかがでしょうか?

家族が手を合わす

合掌

#京都 #kyoto #京仏壇 #京仏具 #仏壇 #仏具 #寺院用具 #加茂定 #お盆

#仏像引越し #仏壇引越し #お魂抜き#お魂入れ #お性根入れ #お性根抜き #入仏式 #お遷座

#開眼供養 #眼供養 #開眼法要 #眼法要

お手伝い

こんにちは。

8月も半ばに差し掛かり暑さも和らがない毎日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

 

 

週末になりますと、お寺の門や玄関口には紋の入った幕が掛けられているのが目に入ります。ご先祖様をご供養するお盆法要がお寺で開催されます。

幕

法要にはたくさんの方々が参拝に来られますので、円滑な法要運営のためにお手伝いに伺います。

 

 

 

お手伝いの内容は本堂に椅子を並べたり、受付をしたり、お供養品を並べたり配ったりするのが主な仕事です。お顔なじみのお檀家さんともお話しする時間は楽しみの1つでもあります!

 

 

 

本堂も綺麗に掃除が終わっておりますが、再度掃除機をかけ直し参拝に来られる方々を万全の体制でお出迎えします。

 

 

 

お塔婆も並べられ、白檀のお香が香る本堂内は厳粛な雰囲気となります。

施餓鬼本堂内風景

お塔婆はご先祖様に対する供養のひとつで、遥か昔々には石塔を建てて供養されてたことが始まりで、時を経て木の板でできたお塔婆を立てるようになりました。

 

 

 

私も毎年お塔婆を立てて、ご先祖様に手を合わせております。

法要終了後、ご住職様がされました法話でも

 

 

 

「ご先祖様のおかげで今の私たちがいる。毎年繰り返しですが、心穏やかに手を合わせましょう。」

 

 

 

とお話しされました。

大事なことだと改めて再認識できました。

 

 

 

 

 

お塔婆を何往復もして納品することもありますが、たくさんのお参りに来られた方々の供養の一助になってることを考えますと、誇らしく思えます。暑い中の法要、皆様お疲れ様でした。

 

 

 

8月13日からお盆に入りますが、皆様はご先祖様のお墓参りは行かれますでしょうか?諸々の事情で「お墓参りに行けないのでどうしたらよいのでしょうか?」と質問されることもしばしばございます。

 

 

 

出来ればお時間を作っていただきたいです!とまずはお伝えするのですが、無理なものは無理。。。

 

 

 

そのような時は、

 

 

 

① お墓の方角に向かって、お盆は過ぎますけどもお墓参りに行きますと

  心の中で手を合わせられてはいかがでしょうか?

お墓参り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

② 家族、親戚、菩提寺さんに行けない旨をお伝えして、代わりにお参りを

  お願いされてはいかがでしょうか?

僧侶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③ お墓参りには行けなくとも、せめてお供養品だけでも送られては

  いかがでしょうか?またはお塔婆を頼まれてはいかがでしょうか?

まんじゅう塔婆のサムネイル画像

 

 

 

 

と、お話しさせていただいております。

 

 

 

ご先祖様のことを大事に思われてるからこそのご心配事だと思います。

その思いこそが、私は尊いことだと思います。

落ち着くお時間を見つけられて、心穏やかにお参りできる日を見つけられてはいかがでしょうか?

合掌

#京都 #kyoto #京仏壇 #京仏具 #仏壇 #仏具 #寺院用具 #加茂定 #お盆

#お施餓鬼 #盂蘭盆会 #塔婆 #卒塔婆 #経木塔婆 #水塔婆 #お塔婆 #お墓参り

#お供養品

本日よりブログスタートです

初めまして。

当店 6代目 加茂 裕人(カモ ヒロト)と申します。

 

 

 

このたび、お仏壇のことや仏事のお悩み事、また当社の活動について綴っていきたいと思い、ブログを始めました。

 

 

 

近年私どものお店は有難い事に、全国各地の百貨店様で催しされます催事に出展させていただく機会が増えました。

 

 

 

京都のお店に来られるお客様も含めまして、本当に多くのお客様と対話させていただいております。

 

 

 

また、ご寺院様とも交流を持たせていただいており、ご住職様やそのご家族、団信徒様とも会話する機会を得ております。

 

 

 

コミュニケーションを通してお役に立てたこと、または逆にご教授していただけたことをこの場を使い発信し、世間様のお役に立つことが出来ればと思っています。

 

 

 

分かりやすく長続きするブログにしたいと思いますので、今後ともよろしくお願い致します。質問などございましたら、お気軽にお申し付けいただけましたら幸いです。

 
 
 
 

「対話」「会話」「コミュニケーション」

すべての始まりはここからであり、「素直な心」で向き合います。

 

九拝

2018810201729.jpg

#京都 #kyoto #京仏壇 #京仏具 #仏壇 #仏具 #寺院用具 #加茂定